そして探求の旅は始まった・・・

   収集した鉱物を紹介するブログです

◆ プロフィール

DD

Author:DD
岐阜県恵那市在住です。
最近は諸般の事情により(汗)、外国産標本を現金採集するのがメイン活動になってます。
連絡はこちらまで。

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


◆ ようこそ お越し下さいました ◆

 2007年夏より「鉱物」に目覚め、収集の旅に出ております。

 特に未加工の原石に魅かれ、美しい結晶鉱物には目がありません。

 学術的知識に乏しいので誤った記述があるかもしれませんが、その際はご容赦願います。

 月に1回くらいの頻度で”まったり更新”していますので、よろしくお付き合い下さい。


 尚、産地標記は購入店のラベルを参考に「独断」で記載しておりますので

 必ずしも正しいとは限りません。その旨ご承知おき願います。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
緑簾石
P1090684-b.jpg


<  緑簾石   Epidote  >
[ Oulmes Granite Zone、Morocco.産 ]  (L:70mm × W:50mm) 


前述のバナジン鉛鉱を買った時、その横にいたのがこの緑簾石でした。濃緑色の結晶が美しかったことと価格が安かったので、ついでに購入しました(笑)

緑簾石は緑色片岩の主成分鉱物だそうです。これだと何だかわかりませんが、平たく言うとその辺に転がっている緑色っぽい石の中にも含まれていることがあるようです(だから価格が安いのかな?^^;) ただ、結晶したものはそれなりに貴重で、美しいピスタチオ色(どんな色?)のモノはピスタサイトとも呼ばれているようです。

緑簾石は板柱状の結晶が集合して”簾(すだれ)”のようにみえるため、この名前がついたそうです。この標本もルーペで覗いてみると、複数の板柱状結晶が集合して、1つの形を作っています。ただ、放射状に集合している感じで、”簾”というよりは”扇子”って印象ですね(笑)

P1090688-b.jpg

緑簾石で有名なのは長野県上田市武石で採れる「焼餅石」ですね。球形の母岩の中に鮮やかな濃緑色の緑簾石が入っていて、その姿が餡(野沢菜?うぐいす?)が入った焼餅にみえたことから、こう呼ばれているそうです。距離的に行けない場所ではないので、機会があれば採集してみたいですね。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ カウンター

◆ カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

◆ ブログ内検索

◆ RSSフィード

◆ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright 2006-2007 そして探求の旅は始まった・・・ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。