そして探求の旅は始まった・・・

   収集した鉱物を紹介するブログです

◆ プロフィール

DD

Author:DD
岐阜県恵那市在住です。
最近は諸般の事情により(汗)、外国産標本を現金採集するのがメイン活動になってます。
連絡はこちらまで。

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


◆ ようこそ お越し下さいました ◆

 2007年夏より「鉱物」に目覚め、収集の旅に出ております。

 特に未加工の原石に魅かれ、美しい結晶鉱物には目がありません。

 学術的知識に乏しいので誤った記述があるかもしれませんが、その際はご容赦願います。

 月に1回くらいの頻度で”まったり更新”していますので、よろしくお付き合い下さい。


 尚、産地標記は購入店のラベルを参考に「独断」で記載しておりますので

 必ずしも正しいとは限りません。その旨ご承知おき願います。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
蛍石-07
20160124-b1.jpg


<  蛍石   Fluorite  >

[ 中国 湖南省 郴州市臨武県 香花鋪鉱山 産 ]
[Xianghuapu Mine, Xianghualing Sn-polymetallic ore field, Linwu Co., Chenzhou Prefecture, Hunan Province, China.]
 (L:51mm × H:34mm)


2014年の大阪ショーで購入した、香花鋪(シャンホアプ)のライトグリーン蛍石です。

私が好む標本サイズよりも少し小さめの標本なんですが、その抜群の透明度に惹かれて購入しました。まあ、小さいぶん価格がリーズナブルだったのも購入理由のひとつなんですけどね...(汗)

20160124-b2.jpg

20160124-b3.jpg

この母岩の透け具合、ハンパないです。

蛍石が光学レンズに利用されていることは以前から知っていましたが、天然の結晶ではそこまで透明度が高いイメージはありませんでした。しかし、この結晶の透明度を見てしまったら「レンズとして使える」というのも納得できるというものです。

色合いは独特の薄い黄緑色。
よく見られる「蛍石グリーン」とはまた違う、落ち着いていて趣きのある和風な風合いで、個人的にはすごい好みです。

20160124-b4.jpg

結晶形はよくある六面体ですが、各辺には面取り(d面)が出ています。

さらによく見ると、その面取り表面には無数の細かい六面体結晶が形成されていて、この結晶が小さな六面体ユニットの集合で出来ていることがよくわかります。

本当ならば均一な表面にまで成長するハズだったんでしょうけど、何らかの原因で途中で成長が止まってしまったのかもしれませんね。

20160124-b5.jpg

20160124-b6.jpg

よく中国産蛍石で階段状に崩れたように結晶している蛍石を見掛けますが(ShangbaoとかRuyuanなど)、そういったタイプはこの標本以上に早めに成長が止まってしまったモノなのかもしれません。


スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ カウンター

◆ カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

◆ ブログ内検索

◆ RSSフィード

◆ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright 2006-2007 そして探求の旅は始まった・・・ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。