そして探求の旅は始まった・・・

   収集した鉱物を紹介するブログです

◆ プロフィール

DD

Author:DD
岐阜県恵那市在住です。
最近は諸般の事情により(汗)、外国産標本を現金採集するのがメイン活動になってます。
連絡はこちらまで。

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


◆ ようこそ お越し下さいました ◆

 2007年夏より「鉱物」に目覚め、収集の旅に出ております。

 特に未加工の原石に魅かれ、美しい結晶鉱物には目がありません。

 学術的知識に乏しいので誤った記述があるかもしれませんが、その際はご容赦願います。

 月に1回くらいの頻度で”まったり更新”していますので、よろしくお付き合い下さい。


 尚、産地標記は購入店のラベルを参考に「独断」で記載しておりますので

 必ずしも正しいとは限りません。その旨ご承知おき願います。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
蛍石-03
20150914-b1.jpg


<  蛍石   Fluorite  >

[ 中国 湖南省 郴州市 桂陽県 黄沙坪鉱山 産 ]
[ Huangshaping Mine, Huangshaping Pb-Zn-polymetallic ore field, Guiyang Co., Chenzhou Prefecture, Hunan Province, China. ]
 (L:83mm × H:72mm)


今回ご紹介するのは、2014年の大阪ショーで購入したライトグリーンの蛍石です。

この蛍石、購入したお店のラベルは「中国 湖南省 瑶崗山鉱山」となっていました。ただ、ネットで調べてもそんな産地名はまるでヒットせず、出てくるのは有名な瑶崗仙(ヤオガンシャン)ばかり。Googleも「もしかして瑶崗仙?」とか言ってくるし(爆)、購入当初は”瑶崗仙の間違いかなぁ~?”と安直に考えていました。

ところがある日、よく覗かせてもらっているサイトでこの標本と非常によく似た特徴を持つ蛍石を見つけました。そのサイトの産地標記が黄沙坪(フアンシャピン?)だったのです。おまけに裏を取りにいったmindatの黄沙坪鉱山ページに記載されている蛍石写真もかなり似た特徴を持っており、私的には”これはほぼ決まりだろう”という手応えを持っています。

購入したお店はけっこうな老舗なんですけど、こういう事もあるんですねぇ~。まあ、扱ってる標本数が多いんで、1つずつ産地標記の裏付けなど取ってるヒマはないんでしょうけど。

今回の教訓:「ラベル標記は鵜呑みにせずに自分でもちゃんと調べよう!」

さて、そろそろ石自身の話を。
結晶は単純な正六面体の集合って感じです。

20150914-b2.jpg

色合いの基本となるのは明るめのライトグリーンですが、そのグリーンがなんていうかこう”ほわんっ”とした感じで、眺めているととっても癒される不思議な色合いです。

結晶自体の透明度はけっこう高くて結晶内部まで透けて見えるんですが、ちょっと離れて眺めていると白く霞んでみえるというか....。う~ん、なかなか表現が難しいです(汗)

結晶の中には黄土色のゾーニング?を含むモノや

20150914-b3.jpg

白色のインクルージョン?を含むモノがあって

20150914-b4.jpg

美しさという点ではこういった内包物は邪魔者なんでしょうけど、”森と土”を連想させる配色に私は癒しを感じています。


スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ カウンター

◆ カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

◆ ブログ内検索

◆ RSSフィード

◆ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright 2006-2007 そして探求の旅は始まった・・・ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。