そして探求の旅は始まった・・・

   収集した鉱物を紹介するブログです

◆ プロフィール

DD

Author:DD
岐阜県恵那市在住です。
最近は諸般の事情により(汗)、外国産標本を現金採集するのがメイン活動になってます。
連絡はこちらまで。

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


◆ ようこそ お越し下さいました ◆

 2007年夏より「鉱物」に目覚め、収集の旅に出ております。

 特に未加工の原石に魅かれ、美しい結晶鉱物には目がありません。

 学術的知識に乏しいので誤った記述があるかもしれませんが、その際はご容赦願います。

 月に1回くらいの頻度で”まったり更新”していますので、よろしくお付き合い下さい。


 尚、産地標記は購入店のラベルを参考に「独断」で記載しておりますので

 必ずしも正しいとは限りません。その旨ご承知おき願います。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
霰石-01
20131110-b1.jpg


<  霰石   Aragonite  >

[ Tazouta, Morocco.産 ]
 (L:48mm × H:36mm)


ようやく大阪ミネラルショー購入品の紹介が終わったので、途中だった奇石博物館購入品のご紹介に戻りたいと思います(といっても、これで終わりですが....)

今回ご紹介するのは、こちらもまた有名な銘柄品であるモロッコのオレンジ霰石です。

霰石は方解石と親戚みたいなもんで、化学組成は両方ともCaCO3(炭酸カルシウム)であり、結晶構造だけ異なる”同質異像”っていう間柄なんだそうです。貝殻や真珠,サンゴなどの主要な構成鉱物であり、方解石以上に私たちの身近にある鉱物といえるんじゃないかと思います。

20131110-b2.jpg

さて、この霰石。一見すると6角柱の結晶が放射状に集まっているように見えますが、この6角柱は実は3つの結晶が集まった”三連双晶”なんだそうです。どうも霰石はこの三連双晶になりやすい?みたいですね。

また、この標本はオレンジ~茶色を呈していますが、本来の霰石は無色~白色のようで、酸化鉄(赤土)により着色されているみたいです。

この標本は粘土状の赤土の中から採取されるらしく、生成時には周囲に比較的自由な空間が存在していたようです。だから全方位に渡って放射状に結晶が成長しているんですね。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ カウンター

◆ カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

◆ ブログ内検索

◆ RSSフィード

◆ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright 2006-2007 そして探求の旅は始まった・・・ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。