そして探求の旅は始まった・・・

   収集した鉱物を紹介するブログです

◆ プロフィール

DD

Author:DD
岐阜県恵那市在住です。
最近は諸般の事情により(汗)、外国産標本を現金採集するのがメイン活動になってます。
連絡はこちらまで。

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


◆ ようこそ お越し下さいました ◆

 2007年夏より「鉱物」に目覚め、収集の旅に出ております。

 特に未加工の原石に魅かれ、美しい結晶鉱物には目がありません。

 学術的知識に乏しいので誤った記述があるかもしれませんが、その際はご容赦願います。

 月に1回くらいの頻度で”まったり更新”していますので、よろしくお付き合い下さい。


 尚、産地標記は購入店のラベルを参考に「独断」で記載しておりますので

 必ずしも正しいとは限りません。その旨ご承知おき願います。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
緑水晶-03
20130825-b1.jpg


<  緑水晶   Chlorite in Quartz  >

[ Palgi Mine?,Himachal Paradesh, India.産 ]
(L:138mm × W:72mm) 


「2013大阪ショー仕入れ品」第7弾も、ヒマラヤ産の緑水晶です。

ただ、前回の Ganesh Himal はネパール産でしたが、こちらはインド産。ヒマラヤ山脈は東西にとても長いので、ひとくちに”ヒマラヤ”と言ってもいろいろありますね。

そして、この標本を購入したインド系ショップによると、さらなる詳しい産地として「Palgi産」と記されていました。ところが、すぐ隣にブースを構えていた老舗鉱物ショップでは、全く同じタイプの水晶が「Kullu産」として販売されているじゃありませんか!?(※昨日出向いた名古屋ショーではマニカラン産の標記も....)

う~む、果たして何が正しいのでしょうか??

イメージ的には怪しげな(?)インド系ショップよりも、経験豊富な老舗ショップの方が正しい気がするんですが、この老舗ショップもヒマラヤ水晶の産地標記には少し?な部分があって、なんだかもう訳がわかりません。

しょうがないんで、とりあえずは”インド北部のヒマラヤ山系で採れた”っていう曖昧な産地標記に留めておくしかない...と思っています。ちなみにこのインド系ショップでは、以前この水晶も購入してるんですが、こちらの産地標記も途端に怪しくなってきましたね....(汗)

ちなみにお値段としては、老舗ショップよりもインド系ショップの方が1/3くらいの低価格でした(筆者の独断比較) さすが海外の業者さんですが、初期提示価格からのディスカウント率が70%を超える・・・って、いくらなんでも初期価格はボッタクリ過ぎなんじゃないの!?って感じでした(まあ、安くなる分には嬉しいんですけどね^^;)

20130825-b2.jpg

さて、この水晶で特徴的なのは、緑泥石のファントムがくっきり美しいことと、水晶の根元に向かうに従ってインクルが緑色 → 茶色に変化していることですね。そんな水晶が何本も乱立している様子は、まるで小さな森(緑が葉っぱで茶色が幹&土)のように見えませんか?

とある文献によると、緑泥石の緑は2価の鉄イオンの影響で、その鉄イオンが酸化されて3価になると赤鉄鉱のような赤系の色を出すんだそうです。もしかすると、この水晶が形成される過程でも、同じような化学変化が起こっていたのかもしれませんね!

スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ カウンター

◆ カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

◆ ブログ内検索

◆ RSSフィード

◆ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright 2006-2007 そして探求の旅は始まった・・・ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。