そして探求の旅は始まった・・・

   収集した鉱物を紹介するブログです

◆ プロフィール

DD

Author:DD
岐阜県恵那市在住です。
最近は諸般の事情により(汗)、外国産標本を現金採集するのがメイン活動になってます。
連絡はこちらまで。

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


◆ ようこそ お越し下さいました ◆

 2007年夏より「鉱物」に目覚め、収集の旅に出ております。

 特に未加工の原石に魅かれ、美しい結晶鉱物には目がありません。

 学術的知識に乏しいので誤った記述があるかもしれませんが、その際はご容赦願います。

 月に1回くらいの頻度で”まったり更新”していますので、よろしくお付き合い下さい。


 尚、産地標記は購入店のラベルを参考に「独断」で記載しておりますので

 必ずしも正しいとは限りません。その旨ご承知おき願います。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
弗素燐灰石-02
20110308-b1.jpg


<  弗素燐灰石   Fluorapatite  >
 [ Brazil.産 ]   (H:24mm × W:15mm) 


京都ショー購入品のラストを飾るのは、魅惑のブルーアパタイトです。

以前、メキシコ産のレモンイエローの燐灰石を購入したとき、燐灰石には様々な色があることを勉強したんですが、今回はそのうちの1つ、濃青色の燐灰石です。

この石もお得意?の”掘り出しもの”で、研磨用の原石が並べられたトレイの中から頭付きのものを選び出しました。そういう選び方なので、産地はブラジル...としかわかりませんが、有名なミナス・ジェライスやパライバで同じような色の燐灰石が産出するそうなので、たぶんその辺なんでしょう。

ちなみに、この深い青色は二価の酸素と五価のマンガンとの電荷移動による発色だそうです(なんのこっちゃ、さぱ~りわかりません^^;)

さて、そのまま眺めても渋い色合いがいい味出してるこの標本ですが、実は私にはもうひとつの楽しみ方があります。それは....

20110308-b2.jpg

こうやって光を透過させると、渋い青が一転して鮮やかなブルーに様変わり。購入する時に”これ、光に透かしたらキレイなんじゃないか?”と思って買ったんですが、読みどおりでした!

アニメ「天空の城ラピュタ」に登場する”飛行石”を彷彿とさせる青き光は、私を魅了して止まないのです。

スポンサーサイト
masahikochang
おお綺麗じゃないですか。
外国産にほとんど手を出さないおいらです。
ラブラドライトと天青石は持ってますが。

2011/03/09(水) 17:43:31 | URL | [ 編集]
DD
masahikochangさん

国産もいいですが、外産もいいですよぉ~!
ついこの前もツーソンからの輸入品を買ってしまいました....(笑)
2011/03/09(水) 22:35:42 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ カウンター

◆ カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

◆ ブログ内検索

◆ RSSフィード

◆ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright 2006-2007 そして探求の旅は始まった・・・ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。